キビヤック

キビヤック

ここまでの2品(シュールストレミングとホンオフェ)は、画像で見ている分にはそんなに臭そうな感じがしないですし、美味しそうな気すらしてしまう見た目でしたが、これら2つと並んで世界の異臭料理として有名な「キビヤック」は、見た目も凄いのが特徴です。大人気漫画「もやしもん」でも取り上げられていた食べ物で、味は美味しいらしいですが、ちょっと見た目がグロテスクすぎて私はチャレンジできる自身がありません。興味のある方はインターネットで検索してみるといいでしょう。

キビヤックとは

キビヤックは、グリーンランドのカラーリット民族やカナダのイヌイット民族、アラスカ州のエスキモー民族が作る伝統的な漬物の一種です。小型の海鳥をアザラシの中に詰め込み、地中に長期間埋めて作る発酵食品です。キビヤックの材料となるのは、現地でアパリアスと呼ばれるウミスズメ類の海鳥とアザラシです。北極圏の短い夏の間に、飛来したアパリアスの群れを虫取り網のような道具で捕獲します。捕獲したアパリアスは、直射日光の当たらない涼しい場所で1日放置し、内臓が早く痛まないように冷やします。次にアザラシの腹を裂き、皮下脂肪のみを残して内蔵と肉を全て取り出します。地域によっては皮下脂肪も残さないやり方もあるようです。そうして袋状の空洞になったアザラシの腹部に、アパリアスを羽などをむしらずにそのままの形で数十羽~数百羽詰め込みます。一部の資料では一つのアザラシに700羽詰め込むという記述もあります。アパリアスを詰め込んだら、アザラシの腹を縫い合わせます。縫合口にハエが卵を産み付けるのを防ぐため、日干ししたアザラシの脂(プヤ)を塗ったら準備は完了です。アパリアスを詰めたアザラシは、地面に掘った穴に埋めます。空気抜きやキツネなどに食べられてしまわないようにするため、アザラシの上に石を置き、土で埋めて2か月から数年間放置し、熟成させます。熟成したアザラシを掘り出したら完成です。このキビヤックは大変美味しいらしいのですが、強い臭気があり、シュールストレミングやくさや、ホンオフェと並んで世界の異臭料理として有名です。

キビヤックを食べてみよう!

キビヤックは日本には提供するお店などもないので食べることは出来ません。本場のグリーンランドなどに行けば食べられるようですが、その食べ方にも特徴があります。十分に熟成したキビヤックは、アザラシの中から取り出したアパリアスがほとんど液状化している状態になります。食べるときにはこのアパリアスから羽をむしり取り、総排出口つまり肛門に口をつけて、発酵して液状になった内臓をすするのです。考えただけでも臭そうですね。アパリアスの肉も、皮を引き裂きながらそのまま食べます。さらに歯で頭蓋骨を割り中身の脳味噌も食べます。アパリアスは日本の公園などにいる鳩より一回り小さいくらいの大きさなのですが、それを一羽一羽手で捌きつつ食べる様子はかなりグロテスクです。液状になった内臓は、そのまま食べるだけでなく、調味料として焼いた肉などにつけて食べることもあります。誕生日やクリスマス、結婚式や成人式など祝宴の席でよく供されるのだそうです。このキビヤックには発酵により生成されたビタミンを豊富に含むため、加熱調理で酸化・分解してしまった生肉中のビタミンを補う機能があるとされ、かつては極北地域において貴重なビタミン源の一つでした。

キビヤックを食べた人の感想

日本を代表する冒険家であった植村直己氏はグリーンランドでカラーリット民族と共同生活を送った際、このキビヤックに出会いました。そしてその後生涯にわたって好物の一つに挙げるほど、その味を気に入ったそうです。気になるキビヤックの味ですが、とても濃厚な鶏肉の味なのだとか。強烈な刺激臭にさえ慣れてしまえばとても美味しいらしいのですが、慣れていない人は近づくこともできないほどの臭いがします。また、その食べ方も慣れない人にとってはグロテスクなため、抵抗を覚える人が多いようです。私も最初はこんな気持ち悪いもの絶対に食べられない!と思っていたのですが、よく考えたら私だってレバ刺しは食べるし、ホルモンの焼肉も好きだし、カニみそだって食べるんだからいけるんじゃないかなと思えて来ました。イカの塩辛とかも外国人からすると物凄く気持ち悪いものに見えるようですが、あれもイカの肝で味付けしているのですから、キビヤックと似たようなものなのではないでしょうか。鶏を丸々一匹手で捌きながら食べる、というスタイルから敬遠されがちですが、既に捌いてあるものや、キビヤックを味付けに使った料理などだったら、きっと食べられると思います。ただ臭いは画面越しでは分からないので、本当に臭かったら駄目かもしれません。慣れているせいもあるかと思いますが、私は納豆は全く臭いと思わないので、納豆の3倍程度といわれているキビヤックの臭さなら何とかなりそうな気がしています。機会があれば死ぬ前に一度はチャレンジしてみたい食品です。